NPO法人日本氷彫刻会

平成31年度 北海道地方本部各支部活動報告

1月15日~2月2日 札幌支部
第70回札幌雪まつり氷像制作  場所:札幌市中央区大通5丁目
昭和25年から開催されている札幌雪まつりの中での氷800本でのメイン氷像。
国内最大規模を誇り、来場者数も260万人を超えるお祭りです。来年も同時期開催予定。

1月18日~19日 旭川支部
第5回北海道氷彫刻東川大会  場所:東川町
冬季最初の全道大会となる氷5本使用の大会です。

1月18日~19日 札幌支部
文教大学附属名清高等学校  場所:札幌市南区藤野400番地
氷彫刻授業 13:00~16:00 生徒数約50名

 

1月28日~1月30日 釧路支部
釧路冬まつり  場所:釧路国際交流センター内
海と夕日をイメージした作品の制作展示

1月30日~2月1日 帯広支部
第35回北海道氷彫刻帯広大会  場所:緑ヶ丘公園グリーンパーク
昨年は北海道外、海外からの参加もありました。氷8本を使用した大会。参加者10名

優秀賞「時の音」

 

2月1日~2月3日 帯広支部
第56回帯広氷まつり  場所:緑ヶ丘公園グリーンパーク
緑ヶ丘公園をメイン会場とし、上記作品展示、会場入り口の氷のシンボルタワーを制作。
会場内にはアイスカフェ、氷のインスタショットポイント等を制作。
また、ばんえい十勝会場にはお祭りPR氷像を制作。毎年、国内外多くの来場客で賑わいます。

2月1日~2月2日 北見支部
第18回北海道氷彫刻北見大会  場所:北見駅南多目的広場
北見冬まつりの広場において開催され、氷5本使用の大会です。

準優勝(北見市議会賞)「ジャポニズム」

 

2月2日~2月3日 札幌支部
すすきのアイスワールドの氷像制作  場所:札幌市中央区すすきの
札幌雪まつりの事業の一部。大中小様々な氷彫刻30基以上が展示されます。

2月4日~2月5日 札幌支部
すすきのアイスワールド氷彫刻コンクール  場所:札幌市中央区すすきの
札幌雪まつりでは唯一の氷彫刻コンクール。毎年10基以上、氷6本使用の作品で競われます。

最優秀賞「Japanism”WABI,SABI”」

 

2月4日~2月11日 札幌支部
すすきのアイスワールドデモンストレーション  場所:札幌市中央区すすきの
札幌雪まつり期間中、毎日夕方から氷彫刻の実演を開催しています。

2月5日~2月9日 函館支部
大沼函館「雪と氷の祭典」  場所:大沼国定公園内
大・中氷像の制作、一本氷の実演、夜には花火大会も行われ、氷像のライトアップに
国内外のお客様たちに大変喜ばれ賑わいます。

2月5日~ 旭川支部
旭山動物園内での氷彫刻
夜はライトアップされ、繊細な美しい作品をご覧いただけます。

2月5日~2月11日 北見・釧路支部
第54回網走オホーツク流氷まつり  場所:網走商港埠頭会場
会場内にて12基の氷彫刻制作し、まつり期間中展示。

2月16日~2月17日 札幌支部
下川アイスキャンドルミュージアム  場所:にぎわいの広場
アイスキャンドル発祥の地。イベント会場での氷彫刻作成。

特別賞「DEEP BLUE」

 

3月11日 札幌支部
北海道中央調理技術専門学校  場所:札幌市豊平区月寒西3条6丁目
氷彫刻授業 9:30~12:00 生徒数約70名
一本氷2本使用(鮭・スワンの実演、他裏彫り等、生徒5名ほどお皿を制作)