NPO法人日本氷彫刻会

氷彫刻ができるまで

2018年氷彫刻世界大会 個人戦(競技期間2018年2月7日17時~9日11時)

40時間で製作 氷(1m×53cm×26cm、重さ135kg)8本使用


①2月7日8:30
氷の作品を乗せる台座です。型枠に雪を入れ固めて水をかけて凍らせてあります。  


②2月7日22:00
氷を作品にするため、それぞれの大きさに切り形に合わせて積み上げていきます。
④2月8日11:30 余分な氷をチェンソーなどで切り落としていきます。   ③2月8日 2:00 積み上げた氷に下絵を書いていきます。

⑤2月8日20:00
細かい部分を彫刻刀などで少しずつ削っていきます。   ⑥2月9日11:00 競技終了で完成です。
 ⑧2月10日15:00 完成して24時間以上経っても冬の北海道では崩れません。   ⑦2月9日21:30 完成した夜のライトアップした作品です。

協力:日本氷彫刻会 北海道支部(帯広) 宍戸 孝夫
※一枚目の「氷を乗せる台座」氷彫刻世界大会以外ではない場合もあります。